イベントに必須アイテム「クラスTシャツ」!!人気デザインと業者選びのポイントとは?!

クラスTシャツは学園祭では恒例定番アイテムとして高い人気がありますよね。ここでは、クラスTシャツの人気デザイン、業者選びで失敗しないポイントをお届けします。

クラスTシャツを着用する良さとは?

クラスTシャツ,クラT

周りと差別化する事ができる

学校行事の大きなイベントの一つに、体育祭がありますよね。クラスが一丸となって応援をする事も多いので、そんな時にも結束力を高める効果にも役立ちます。年に一度しかない行われない体育祭だからこそ、クラスでお揃いTシャツを着用して仲間の絆を強める事ができます。また、文化祭も学校行事には欠かせない大事なイベントですよね。生徒が行うステージショー等でも同じ衣装を着用する事で、統一感が増してより素敵なステージング演出にする事ができます。さらに、文化祭での屋台でも同じユニフォームを着る事で、自分の屋台を目立たせる事ができます。

周りからの注目度をアップさせる事ができる

例えば、クラスの力を合わせるスポース競技、皆で楽しむ事のできる球技大会、ダンス発表会、合唱コンクール等、学校生活で色々なイベント行事がありますよね。その際にも、それぞれクラスごとにクラスTシャツを皆が着用する事で、普段とは違う衣装で大きく注目してもらう事ができます。また、同じTシャツを着用した記念撮影は、写真映えも良いので、一生残る思い出写真としても良い意味でよく目立ちます。昨今は、SNSへの投稿でもクラスTシャツの着用は注目されています。

イベント前からの仲間との結束力

クラスTシャツの制作過程では、クラスの仲間と力を合わせて協力し合う事が大切ですよね。クラスTシャツにするTシャツカラーやデザインを決めていく事から始めるので、その過程の中では仲間と目標やスローガン等、色々話し合って決めていきます。こうして、制作過程でもクラスがまとまっていくので、イベント前にも仲間との結束力を高める事ができます。クラスTシャツが完成すれば「皆で作ったもの」「完成した喜び」等、クラスの自信作のTシャツを楽しみながら着用でき、一段と団結を深める事にも繋がります。

思い出の記念品になる

クラスTシャツには、学校行事の色々な思い出が詰まっているからこそ、学生生活卒業後も忘れられない宝物になります。当時のクラス仲間の名前、担任の先生の似顔絵プリント等、クラスTシャツを見ながら青春の思い出を振り返る事ができます。こうして大事な思い出を形に残しておけるのも、クラスTシャツの良さです。また、デザインによっては普段でも活用できるのも嬉しいポイントです。

サッカーユニフォームデザインが人気な理由とは?

クラスTシャツ,クラT

デザイン性の高いクラスTシャツ

クラスTシャツは、クラスや仲間の象徴であり、メンバー全員を結びつける役割がある特別なアイテムです。サッカーユニフォームデザインの魅力は、デザインとカラーの豊かさです。どんな色でも使用でき複数カラーを組み合わせる事もできます。例えば、ストライプ、ボーダー、たすき、分割等、デザインバリエーションも豊富にあります。サッカーユニフォームデザインは、Tシャツ全体を使ったデザインなので、見た目にもインパクトがあるクラスTシャツを作る事ができます。

流行の蛍光色を取り入れて注目度抜群

スポーツウェアでも蛍光色が今トレンドとなっていますが、クラスTシャツ制作でも蛍光色は人気です。蛍光色をクラスTシャツに使えば、周りからの注目度も抜群で、どこよりも目立つクラスTシャツに仕上がります。

レプリカユニフォームデザインが人気

サッカーで高い人気を誇る人気クラブや、強豪国のレプリカユニフォームは、クラスTシャツ制作にとても人気があります。なんといっても、強豪チームのユニフォームは、周りから見ても格好良く見えますよね。クラスTシャツのデザインでは、クラシックなものやシンプルなものも支持を集めていますが、国内外のクラブは毎年のようにデザインを変えているので、その時のトレンドを取り入れたデザインが人気です。

背番号と個人名入りで特別感がある

サッカーデザインのユニフォームと同じ様に作る事ができるので、もちろんチーム名、個人名、背番号等をクラスTシャツのデザインに入れる事ができます。個人名と背番号が入ると、一人一人の特別感が増して一層着用する楽しみもまします。他にも、エンブレム、チームロゴ等も作る事ができ、プリントするものが増えると値段も割高になりますが、オリジナリティー溢れるTシャツに仕上がります。

遊び心がプラスされたデザイン

公式サッカーユニフォームになると、背番号や選手名などに規定がありますよね。しかし、クラスTシャツ制作であれば、自由にデザインを決めてオリジナルTシャツを作る事ができます。数字が三桁でも、文字はひながなでもカタカナでも、絵文字や記号等も使えます。なので、クラスTシャツ制作で面白さを競うのも楽しさの一つです。

高機能ドライ生地で制作可能

サッカーユニフォームは、今はポリエステルを使用したドライ生地が採用されています。通気性に優れているので、汗でベタ付く事もありません。また、とても軽い素材で着心地も抜群になっています。ドライ生地はスポーツユニフォームだけで無く、暑い時期に使用するクラスTシャツにもとてもお勧め素材になっています。

クラスTシャツ制作での業者選びのポイントとは?

クラスTシャツ,クラT

Tシャツの素材・形のバリエーション

クラスTシャツ制作のベースとなるTシャツの素材や形は、バリエーションがある方がお勧めです。Tシャツと言っても、生地によってオンスや襟首部分の形等には種類が色々あります。プリントするイラストや文字はもちろん、Tシャツ本体の素材や襟首の形でも雰囲気は変わります。なので、ベースの種類のバリエーションがどれだけあるのかと言う事も大切なポイントです。

文字フォント・デザインテンプレートの種類

文字フォント・デザインテンプレートも種類が多い方がお勧めです。種類が多ければ、その分デザインにバリエーションを出す事ができます。テンプレートに関しては、デザインを自分で考える事が苦手だったり、クラスTシャツを使いたい期日が迫っていたり、そんな方にはお手軽にデザインができてお勧めです。

自社工場を持っている

自社工場を持っていると、スピード対応可能であった、プリントに関して細かな指示ができたり、納期までの最短期間が短かったり、色々なメリットがあります。中には、最短2日納品お届け可能な業者もあります。また、Tシャツ使用日まで時間がない、Tシャツの細かい指示が多くなりそうな方は、自社工場所有の業者を選ぶのがお勧めです。

デザイナーが所属している

デザイナーが所属していると、クラスTシャツのデザインのアイディアがまとまっていなくても、そのデザイナーにデザインを考えてもらう事ができます。なので、自分達でアイディアがまとまらない、ぼんやりとしたイメージがある、そんな方にはプロデザイナー所属の業者はお勧めです。プロの意見をデザインに取り入れながらクラスTシャツ制作を進めていけるので、こだわりのアイテムをしっかり完成させる事ができます。商品発送までスピードを重視する方は自社工場所有業者、デザイン作成のサポートを受けたい方はデザイナー所属業者を選ぶのがポイントです。